2017年08月06日

ハリネズミが下痢や血便をしている (消化管腫瘍)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意下さい。)



ハリネズミさんが下痢や血便をしている場合、ただ単にお腹を壊しているだけのこともありますが、腫瘍の発生によるものである可能性もあるので、注意が必要です。
特に今までお腹が丈夫だったオトナのハリちゃんがいきなり血便をしだしたようなケースでは、レントゲンやエコー検査にて腫瘍の発生がないか調べる必要があります。
お腹の中に腫瘍ができてしまった場合、その腫瘍の種類にもよりますが、外科的な摘出が望まれます。



P2239074.JPG
お腹の中に腫瘍が発生したハリネズミさん。
お腹が大きく腫れています。



P2239124.JPG
消化管の近くに発生した腫瘍。



P2239162.JPG
消化管と一緒に切除し、消化管を縫合してつなぎます。



P2239141.JPG
切除された腫瘍。




ラベル:ハリネズミ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ハリネズミの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

モルモットが血尿を出している (子宮腫瘍)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意下さい。)





モルモットさんが血尿を出している場合、泌尿器系の病気(膀胱炎や膀胱結石)か生殖器系の疾患がまず疑われます。

女の子であれば子宮からの出血が生じる可能性がありますので、エコーやレントゲン検査などで判断をします。
子宮には時に腫瘍が発生することがあり、手術にて摘出します。




P2219049.JPG
モルモットさんの子宮に発生したできもの。
手術にて切除しました。
モルモットさんの子宮・卵巣切除は難易度が高く、麻酔における鎮痛や術後のケアも非常に大切なので、モルモットさんの扱いと医療に詳しい病院で行うことが推奨されます。

posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| モルモットの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

鳥の脚が腫れている (痛風結節)

鳥さんの脚が腫れている場合、痛風を患っている可能性があります。
痛風と脚の腫れはイメージを結びつけづらいかもしれません。

そもそも痛風とは、体の中の様々な場所に尿酸の塊がたまる病気です。
食べ物を食べると、そのたんぱく質は分解され、鳥さんの場合尿酸として腎臓から排泄されます。
腎臓が悪い場合、その排泄がうまくいかず、血液の中の尿酸の濃度が高くなっていきます。
最終的な結果として内臓や足の関節に尿酸が結晶化してたまり、痛風という状態になります。
鳥さんの痛風は、腎臓病の結果として生じることが多いのです。

P2209012.JPG
痛風のウズラさんの脚の写真です。このように腫れていると関節に痛みを生じ、活動性も落ちてしまいます。
治療には様々な方法がありますが、その一つに食事療法があります。


P4130657.JPG
食事療法後の同じ患者さんの脚。
まだ腫れが残っていますが、非常に改善がみられています。
ラベル:小鳥
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| 鳥の医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする