2017年12月31日

リクガメがしきりにふんばっている、おしっこが出ない (膀胱結石)

カメさんにも人間と同じように膀胱があり、おしっこをためています。(もちろん構造はかなり違いますが・・・)
そして人間と同じように膀胱に石ころ(膀胱結石)ができることがあります。
膀胱結石はリクガメさんに非常に多く、脱水や不適切な食事によって発生します。
頻尿やイキミ、排尿困難が発生し、時間がたつと腎不全から死亡することも稀ではありませんので、適切な治療が必要です。
治療は結石の摘出を行います。
結石の大きさや位置によって甲羅を開ける手術を行うか、開けずに摘出するかを決定します。



t.jpg
膀胱結石があるリクガメさんのレントゲン写真。
赤い丸の部分に石が確認できます。



PB246853.JPG
摘出の様子。




PB256878.JPG
摘出された膀胱結石。


ラベル:カメ リクガメ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 23:00| カメの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

カメの甲羅が白くなっている、甲羅が臭う (甲羅の感染症、シェルロット)

カメの甲羅はカチカチと硬く冷たいので、一見無機質な印象を受けますが、骨と鱗からなる立派な臓器です。
したがって、膿んだり割れたりといった病気にも当然罹ります。
甲羅がばい菌に感染して膿むことをシェルロットと呼ぶこともあります。
甲羅の感染症は非常によく見られますが、ほっておくと敗血症につながったり、甲羅に穴が開いて肺炎になることもあり、最悪の場合死につながります。
早期発見で治療をすれば多くの場合治りますので、甲羅の色がおかしい・においがする・部分的にやわらかいなどの異常が少しでも見られたら早めに病院に連れていきましょう。




P3310096.JPG
重度の甲羅の感染症。甲羅には穴が開いてしまっています。




P4130648.JPG
別のカメさん。甲羅が深く膿んでいます。




P4140690.JPG
お腹側の甲羅の感染症。




P4130652.JPG
治療によって治りかけているシェルロット。


ラベル:リクガメ カメ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| カメの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

カメのお尻から何か出ている (陰茎脱)

突然ですが、オスのカメさんのおちんちんがどこにあるか、ご存知でしょうか。
カメさんのおちんちんは体の中にあり、しっぽの近くに普段は隠れています。
そして本来は交尾の際にのみ出てくるのですが、ふとしたはずみでおちんちんが出っぱなしになってしまうことがあります。これを陰茎脱(もしくはペニス脱)と呼びます。
陰茎脱はほおっておくと陰茎が壊死してしまうため、処置によって戻すか、もしくは手術によって切除するかを選ばなければいけません。


P9014289.JPG
リクガメさんのお尻から何か長いものが出ています・・・・。
これがカメさんのおちんちんです。


P9014297.JPG

処置にておちんちんを戻し、縫合をしたところです。
普段のお尻に戻りました。
ラベル:カメ リクガメ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| カメの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする