2017年09月04日

ウーパールーパーを飼っている水槽から部品が消えた・・・ (異物誤飲)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意ください。)








ウーパールーパーさんは貪欲になんでも飲み込んでしまう習性があり、しばしば異物誤飲が問題となります。
時には非常に大きなものさえも飲みこんでしまうため、注意が必要です。
もし飲み込んでしまった場合、手術をしなければいけないケースもあります。



P2289311.JPG
胃からの異物の摘出手術中のウパちゃん。
胃が大きく張っています。


P2289318.JPG
胃から摘出されたのは・・・


P2289330.JPG
こんなに大きなろ過装置の部品でした。





posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ウーパールーパーの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

ウーパールーパーが石を飲んでしまった! (異物誤飲)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意ください。)








ウーパールーパーさんは貪欲になんでも飲み込んでしまう習性があり、しばしば異物誤飲が問題となります。
多くは嘔吐や便として排泄されますが、中には手術をしなければいけないケースもあります。



P9235071.JPG
小石を飲んだウパちゃん。おなかはポッコリしています。その体重わずか8.6g!!繊細な手術となります。



P9235085.JPG
おなかを開けると、石ころが透けて見えるほど腸が薄いのです。



P9235118.JPG
石ころは全部で4つも飲んでいました。


P9235105.JPG
もちろん取りっぱなしでは終われません。
髪の毛より細い糸で、目を凝らしながら腸と皮膚を閉じていきます。
とても緻密な作業となります。
幸いウパちゃんはすぐに回復し、順調に退院しました。
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ウーパールーパーの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

ウーパールーパーの頭が腫れている (頭部膿瘍)

ウーパールーパーさんは頭の真ん中に膿がたまる(膿瘍形成)ことが多く、大きく腫れます。
治療自体は排膿と抗生剤の投与となりますが、飼育方法の誤りから生じることが多いため、必ずその是正もしなければなりません。



P6132458.JPG
額の真ん中に大きな腫れができるのが特徴です。



P6052219.JPG
同時に食欲不振を呈することも多いです。




P6202763.JPG
治療後。
すっかり皮膚はきれいになりました。

posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ウーパールーパーの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする