2017年12月22日

ハリネズミの口が腫れている、食べづらそう、口から血が出る (口腔内腫瘍)

ペットとして大人気のヨツユビハリネズミさんですが、非常に腫瘍の発生率が高いことで知られています。
そのなかでも、口の中に腫瘍が発生してしまうことがとても多いと感じられます。
症状としては、口(歯肉)の腫れ、食べづらそうな様子、口からの出血などです。
口の中の腫瘍は非常に悪性度が高く、歯肉から顎の骨に入り込み、骨を溶かして成長します。
現在のところ、非常に早期の発見であれば外科的な切除がされますが、発見が遅れた場合、あまり有効な根治治療法はありません。切除が難しい場合、支持治療を行うことになります。


P4281158.JPG

口のわきにできた腫瘍。

P1198394.JPG
上あごに発生した腫瘍から出血をレーザーにて止める様子。


PB146453.JPG
上あごの歯肉に発生した腫瘍。


PB146460.JPG
上あごの内側に入り込んだ腫瘍。


ラベル:ハリネズミ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ハリネズミの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ハリネズミが下痢や血便をしている (消化管腫瘍)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意下さい。)



ハリネズミさんが下痢や血便をしている場合、ただ単にお腹を壊しているだけのこともありますが、腫瘍の発生によるものである可能性もあるので、注意が必要です。
特に今までお腹が丈夫だったオトナのハリちゃんがいきなり血便をしだしたようなケースでは、レントゲンやエコー検査にて腫瘍の発生がないか調べる必要があります。
お腹の中に腫瘍ができてしまった場合、その腫瘍の種類にもよりますが、外科的な摘出が望まれます。



P2239074.JPG
お腹の中に腫瘍が発生したハリネズミさん。
お腹が大きく腫れています。



P2239124.JPG
消化管の近くに発生した腫瘍。



P2239162.JPG
消化管と一緒に切除し、消化管を縫合してつなぎます。



P2239141.JPG
切除された腫瘍。




ラベル:ハリネズミ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ハリネズミの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ハリネズミの体が腫れている(体表腫瘤)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意ください。)





ハリネズミさんは腫瘍の発生が多く、様々な部位に認められます。
その中でも、体表(皮膚の上)の腫瘍は発見されやすいために外来受診されるハリネズミさんが多いです。
基本的に、切除が可能であれば手術にて摘出することが望ましいでしょう。



P8033651.JPG

首元に腫瘍の発生が認められるハリネズミさん。


P8123830.JPG

摘出された腫瘍。


P8123831.JPG

手術後の外観。

体表の腫瘍はハリネズミさんのお腹側にできると意外と発見が遅れることがありますので、日ごろからよくハリちゃんの体を触っておきましょう。
ラベル:ハリネズミ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ハリネズミの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。