2017年04月16日

自作爬虫類ケージの悪いところ

こんにちは、副院長です。

四月ももう半分ですね、だいぶ暖かくなってきました。
今度はお昼に暑くなりすぎないよう注意が必要な時期ですね。

さて、今回はの失敗話です。
私たちは一部屋「ペット部屋」を設けていて、数区画に区切り、色々な動物を飼育しています。
中でも広い区画を持つのが、グリーンイグアナのエメラルダ、トゲオアガマのジル、リクガメの装ちゃんと甲ちゃんです。
エメラルダくんは網をくぐれない位大きくなったので、大きなケージで暮らすようになりました。
温室用の枠を骨組みにして、インテリアメッシュで壁を作り高さも兼ね備えた広い閉鎖空間を作りました。
湿度を保つのが難しいのが難点ではありますが、自由に色々動いており見ている私たちもうれしいです。
ケージを大きくしてから食べる量もかなり増えました。

P2120116.JPG

エメラルダくんが脱走してしまった場合、他のみんなのケージや電球などを尻尾でバシッとされると困りますし、何より人に慣れていないので捕まえるのが困難ですから、完全閉鎖空間にしています。

一方、ジルちゃんや装ちゃん、甲ちゃんは上部分が開いています。網で区画を作り、中にホットスポットや紫外線、シェルターなどを設置しています。ネズミ返しを設置すれば逃げることはないのですが、設置していない時期や、ネズミ返しがない部分などから脱走することがありました。

ロシアリクガメの装ちゃんは一度ごみ袋の中に入って発見されて、気づかずに捨てていたら、とぞっとしました。以後ごみ袋はゴミ箱内に設置するようになりました。
ジルちゃんは脱走すると大抵、装ちゃんか甲ちゃんのホットスポットの下で温まっているのですが、時たま押入れの奥や冷蔵庫の裏に入り込んで見つからなくなります。爬虫類さんを探す場合、目で見えないところをほうきでつんつんして、音がしなかったとしてもいないとは言えないようです。

先日、ジルちゃんが脱走し、一晩見つからず翌日も音沙汰がなく、ペット部屋を探すもいない…行けないように閉鎖していた部分も含めて確認しても見つかりませんでした。ペット部屋があるが故に、ペット部屋から出る訳が無いと思っていたのですが、引戸に小さく隙間が空いていたようで、実際はリビングの冷蔵庫の裏にいました。

P3040189.JPG

危ないですよね、反省しております。
以前ペット部屋の冷蔵庫裏に隠れたことがあり、救出する際ジルがいやがって私の指の一部を抉れる程咬みちぎったことを、思いだしました。それ以降ペット部屋の冷蔵庫裏にはいけないようにしていたのですが、ペット部屋を出て、また冷蔵庫裏に行くとは…
今回は無事人に被害はなく救出できましたが、本人は冷えていました。

P3040192.JPG

この時はなすがままのジルちゃんです。

ジルちゃんの部屋は高さ60㎝の網で囲っていますが、のぼってくるので注意しています。
今回はネズミ返しが甘い部分のせいでした。

みなさんも脱走にはお気を付けください。そして、もし脱走した場合は冷蔵庫裏もチェックです。
posted by 小泉ネスト動物病院 at 05:15| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

諭吉くんのいたずら1

こんにちは、副院長です。


何度か紹介した通り諭吉くんは異物食いの常習犯で、気を付けてはいるんですが、頭のいい諭吉くんは日々進歩し、人間のチェック漏れをしっかり確認してきます。

諭吉の日課.jpg

普段、人と一緒にいるときはすぐに「動けません」とごろんとなるのに、私たちが扉の外に出た途端におぼつかない足取りで部屋中をチェックしてまわっているようです。

まずは、こぷりちゃんのえさ皿に残ったカリカリフードの粉成分を舐めとります。
床に落ちているティッシュや本があればこれも食べます。
最近はコタツの上に置いてある本も引っ張り落として食べます。
まだ見終わっていない本のカバーがかじり取られていた時の絶望感…
漫画本に帯がついている場合は、先に帯が食べられますので本自身の被害は少ないです。

次に最近覚えたのが、ごみ箱漁りですね。
外に少しでているごみがあればそれを引っ張ってごみ箱を倒し中を漁ります。
使用しないときはすぐに蓋をロックするようになりました。

またかばんの中もめざとく狙ってきます。
私がかばんに色々入れて忘れて、床に置いておくのが悪いのですが…今までも何度も失敗しています。

翌日の朝ごはんに、と思ってカバンに入れておいたパンを食べれられることが数回ありました。
チャックをしていた場合、開けようと奮闘するためカバンがよだれでベットベトになります。外側が革っぽいかばんで丸洗いできなかったとき、なんとか中身の生地だけ水洗いして乾かして使用しましたが、2回目の時にはよだれの匂いが消えず、泣く泣くそのカバンとはお別れしました。
また、パンの隣に革製の財布があった時パンの匂いが染み込んでいたためか、財布までかじられて、お札を入れる部分が一部見えるようになってしまいました。財布を交換したのは数週間前…まだ新しかったので、変えるのもはばかられ、穴は開いていますが使用していました。穴を見るたびに悔しい気持ちがこみ上げてきますした。
そしてつい先日、またしても財布を狙われ、片面ほとんど食べられました・・・もう、悔しさはありません。

あとは本棚です。網でガードしていても時々ガードが甘くなっていたりすると、めざとく本棚の中身を漁ります。特に、書類などのうすい物や本のカバーが好きなようです。
大学時代に実習で使っていたスケッチブックは美味しかったようで大部分を食べられました。
あとは、京極夏彦さんの分厚い本「魍魎の匣」のカバーが好きで、3度ほどかばんから引っ張り出して食べられました。

諭吉くんは年をとっても尚、日々進化しています。
みなさんも異物に気を付けましょう。
ラベル:
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

ゆきちくんの健康パラメーター

こんにちは、副院長です。

動物さんの「うんこ」は、健康状態を把握する1つの手段ですね。

わんちゃんやねこちゃんは、様々な理由で下痢をすることもありますし、
ハリネズミさん、フェレットさん、鳥さんは、採食量が少ないと緑色の便をしたり、
草食動物さんは、採食量が少ないとうんこが小さくなったり量が減ったり…

どの位の頻度で、どの位の量、大きさや形はどうなのか・・・色々診療する上でも重要な手がかりとなります。

諭吉くんは食べたものがうんこにかなり表現される子です。
ゆきちの各種うんこ.jpg

普段からティッシュや牧草をつまみ食いしているので、うんこにそれらが混じっているのはよくあることです。

一時期20㎏近くあった時は痩せるために繊維の多い療法食を与えていましたが、たくさん食べて、たくさん出す、という感じでした。パサパサしたうんこで、掴むとポロポロと崩れ、回収しにくいうんこでした。

先日私がうっかり、ウサギ用ペレットを諭吉の口の届く場所に置いて離れてしまった時は、300g位ウサギペレットを誤食したと思います。3日間位うんこの量が大量にでました。繊維が多いんでしょうね…。

数か月気づかなかったことを、急にひらめいていたずらする諭吉くんは精米した米粒を大量に食べたこともありました。あの時はひどかった…。
私の食べる大切な米粒が減るし、
諭吉もおなかを下したため、室内で我慢できずうんこをするし、ガスが大量発生したのか本当に「ぶりっ、ぶふぉっ」とすごい音を出しながらおならと共に下痢をする姿には、悲しさと怒りとやるせなさと笑いがこみ上げてきました。下痢を回収するのは本当に大変ですよね…。
消化されなかったかわいそうな米粒たちがうんこに混じっている姿は、まるで虫の卵がたくさん見えるようで嫌悪感が沸き上がりました。

あとはたまにうんこが千切れなくてぶらぶらさせて移動するので、引っ張らなければならないのですが、千切れなかった原因が私の髪の毛だった時は、なんとも言えない気持ち悪い気分になりました。

異物食いをしないように注意できるのは人間ですから、諭吉くんが異物食いをして変なうんこを出さないように今後も努めてまいります。
みなさんも異物の誤食に気を付けましょう。
ラベル:
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。