2016年10月19日

チンチラが開放骨折し、膿んでいる (断脚手術)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意ください。)









チンチラさんはとても活発で、その跳躍力で立体的な動きを得意とします。
まれにケージに挟まる、落下などを原因として骨折をすることがあります。
開放骨折で、なおかつ神経や筋肉の損傷がひどい場合、断脚手術が必要になります。


P7213346.JPG
重度の開放骨折。
神経断裂もあり、断脚手術が必要となります。



無題.jpg
術後写真。



P9154759.JPG
抜糸後。
チンチラさんは前脚の断脚手術には非常によく適応し、もう片方の足で器用に餌をつかんで食べます。回復後は言われなければ気づかないほど術前と変わらない運動機能を保持できます。
ラベル:チンチラ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| チンチラの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする