2016年07月31日

ボールパイソンのごまちゃん

こんにちは、副院長です。

今日はボールパイソンのごまちゃんをご紹介いたします。
これでやっと今いる小泉ネスト動物病院の仲間たちのご紹介が終わりました。

ごまちゃんをお迎えしたのは、色々な動物種を飼養し始めてから後半の方でした。
それまでの小泉家の扶養家族は草食系が多く、ベルツノガエルの呑ちゃんも主にパックマンを与えていたので、ピンクマウスといった、あきらかな肉食用のエサを用意しなければいけない、というのを受け入れるのが時間がかかったからでしょうか。
院長は、昔は道でヘビを見かけるとだいぶ嫌がっていたので、ヘビを飼うと言い出すとは思っていませんでした。
私はヘビなら真っ白なヘビさんがいいなぁと思っていました。なんとなく、高貴な…神々しい感じがしませんか?

ごまちゃんは小さい時から飼い始めて、最初は爬虫類らしくやっぱり(?)拒食・便秘を経て、ゆっくりと大きくなってきているところです。最近はすごくエサが欲しい欲しいとアピールしてくるので、かわいらしいです。今まではケージを掃除するときにアタックされる心配は全くありませんでしたが、最近はちょっと用心が必要になりました。元気なことはいいことです。

また、トゲオアガマやイグアナの脱皮は部分部分していく感じですが、ヘビさんの脱皮はまとめてしてくれるので、脱皮したあとの抜け殻をきれいに広げると顔の部分や総排泄孔の部分もはっきりと分かって、なんだかうれしいです。

P5011013.JPG


posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする