2016年04月09日

ラブバードの翡翠と雫について

こんにちは、副院長です。

哺乳類、爬虫類と紹介したので、次は鳥類にいってみようと思います。

 翡翠(ヒスイ:コザクラインコ)と雫(シズク:ボタンインコ)は、ペットショップの時から二人同じケージで暮らしていました。
生まれは1か月ほど男の子の翡翠くんが年上ですが、女の子の雫ちゃんの方が気が強めです。
 ペットショップでは2人とも挿し餌で育てられたので手乗り可能ということでした。2人暮らしが進んで、特に翡翠くんが人に慣れなくなってきたところでお迎えしました。
 当初、2人は私たちの肩の上にも乗らなかったのですが、数日して環境に慣れ始めると、人の肩に乗るようになり、それはもう、うれしかったですね。

 小さな鳥が肩の上に止まって「チュンチュン」…って、なんというか、そこに「夢」みたいなものがありませんか?動物に愛されてる~的な…

 が、しかし。乗るだけではなく、耳をかんだり毛をむしったり服をつついて破いたり…遊びに来た友人をつついたり…やりたい放題です。このようになったのも、私たちがなかなか家におらず、2人だけの世界がどんどん確立していったからだと思います。
 2人にとって、人は飛び回る際のきっかけ・エサをくれる程度でしょうか?
まぁそれでもいいんです。今でも放鳥して、2人して背中にしがみつかれるとうれしいし、頭の上で2人がさえずり合っていると、場所(背中、肩、頭)を提供する身としてはまんざらでもありません。ただ、同じ場所に長時間いるとかじりだしますので、ある程度で体をふるわせて2人を飛ばせます。人とはそういう付かず離れずの関係です。

左の水色のボタンインコが雫ちゃん、右の緑色のコザクラインコが翡翠くんです。
雫と翡翠.jpg


とりぃずj.jpg
posted by 小泉ネスト動物病院 at 17:39| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする