2017年01月09日

モルモットが血尿をしている (膀胱結石)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意ください。)






モルモットさんは膀胱に石ころ(結石)ができてしまうことが比較的よくあります。
このような場合、初期には血尿や排尿のしづらさ、排尿痛が認められますが、その状態が長引くと痛みによる元気や食欲の不振を招きます。
また、結石が膀胱より下の尿道に詰まってしまった場合、排尿困難による腎不全へと発展し、死に至ることも少なくありません。
草食動物の結石はカルシウムを主成分とし、基本的に溶けることはないので、早期に手術にて摘出することが望ましいと考えられています。


PC167369.JPG
モルモットさんの膀胱にできた結石。
手術にて摘出しました。


PC167378.JPG
摘出した後は小さな膀胱を丁寧に縫合します。


PC167379.JPG
術後のおなかです。
モルモットさんは痛みやストレスに極度に弱いので、術中や術後の麻酔・鎮痛が大切です。
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| モルモットの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする