2017年01月30日

ハリネズミが吐いている (胃流出路閉塞)

(本稿は手術写真を含みます。苦手な方はご注意下さい。)





ハリネズミさんは消化器症状を示すことが多く、吐き気や下痢がよく認められます。
これらの症状の多くは内科的な治療の対象となりますが、中には手術が必要となるケースもあります。



P9184827.JPG
胃流出路閉塞(胃の出口が何らかの理由で狭くなり、食べ物が胃から下に流れなくなってしまった状態)によって慢性的な嘔吐が引き起こされたハリネズミさん。
麻酔をかけ、血管を確保して手術に臨みます。


P9184863.JPG
幽門(胃の出口)を広くする手術を行いました(Y-U幽門形成術)。
この手術によって、嘔吐が全くなくなり、しっかりと食事を行うことができるようになりました。
稀ではありますが、このようなこともありますので、しっかりとした検査が大切でしょう。
ラベル:ハリネズミ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ハリネズミの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

トカゲの体が腫れている (膿瘍)

トカゲさんの体の上には膿瘍(膿が一か所に固まってたまってしまう状態)がよく発生します。
膿瘍はどんな種類のトカゲさんにも発生しますが、特に最近のペット人気も相まって、ヒョウモントカゲモドキさんにみられることが多い気がします。
膿瘍は特にお尻の周りや顔面にみられることが多く、摘出と洗浄、抗生剤の投与によって治療をします。


P7173257.JPG
ヒョウモントカゲモドキさんのお尻に発生した膿瘍。

P8244110.JPG
ヒョウモントカゲモドキの顔面に発生した膿瘍。

P8244121.JPG
摘出後の膿瘍。
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| トカゲの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

カメのお尻から何か出ている (陰茎脱)

突然ですが、オスのカメさんのおちんちんがどこにあるか、ご存知でしょうか。
カメさんのおちんちんは体の中にあり、しっぽの近くに普段は隠れています。
そして本来は交尾の際にのみ出てくるのですが、ふとしたはずみでおちんちんが出っぱなしになってしまうことがあります。これを陰茎脱(もしくはペニス脱)と呼びます。
陰茎脱はほおっておくと陰茎が壊死してしまうため、処置によって戻すか、もしくは手術によって切除するかを選ばなければいけません。


P9014289.JPG
リクガメさんのお尻から何か長いものが出ています・・・・。
これがカメさんのおちんちんです。


P9014297.JPG

処置にておちんちんを戻し、縫合をしたところです。
普段のお尻に戻りました。
ラベル:カメ リクガメ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| カメの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする