2016年08月02日

チンチラの便が出ない、食欲がない (腸閉塞)

(本稿は手術写真を含みますので、苦手な方はご注意ください。)








草食動物の腸閉塞はしばしば起こり、その原因は異物や自身の被毛の摂取によります。
特にチンチラさんはふわふわした毛がおなかの中でフェルト状に固まり、腸閉塞を引き起こします。
これはしばしば歯のかみ合わせが悪いなどの基礎疾患を持っている子で起こりやすいと思われます。




P6092366.JPG
小腸に閉塞した毛玉

P6092369.JPG
摘出の様子

P6102380.JPG
同時に胃の中にも毛玉が固まっていることが多いので、摘出

P6092350.JPG
草食動物の消化管は肉食動物よりも薄くデリケートなので、手術や麻酔にも気を使う必要があります。
血管を確保し、点滴と鎮痛剤、抗生剤などを投与し、麻酔のリスクを下げる努力が大切です。

P6222792.JPG
抜糸の際の様子。
術後問題なく経過し、元気になりました。

腸閉そくの特徴的な症状として、急な排便停止があります。
このような時には、すぐに病院に行きましょう。
ラベル:チンチラ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 17:29| チンチラの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする