2016年06月24日

ウーパールーパーの2人のご紹介

こんにちは、副院長です。

 今回はウーパールーパーの「ぬーちゃん」(マーブル)と、最近お迎えした「しらこまん」(リューシスティック)についてご紹介いたします。

 ぬーちゃんとしらこまんはどちらも3歳過ぎといったところです。
ぬーちゃんは本当に小さい頃にお迎えしたので、あんなに魚みたいだったぬーちゃんが、今では顔もごつごつしたおじさんになって、一般的な「かわいい」の範疇からは外れたな・・・と感慨深いですね。
思えば目玉の大きさは変わってないのかな~と思います。体が小さかった頃は相対的に目が大きく見えて本当にかわいい!って感じでした。体が大きくなるにつれて相対的に目が小さくなって・・・同時になんかごつごつしてきて・・・
ぬーちゃんの軌跡.jpg


しらこまんは、成長してから譲り受けました。元々の成長環境が好ましくなかったので外鰓が委縮、体の大きさは小さめです。だからか、大人とは思えない軽やかな身動きをします。エサを欲しがる時は上まで上がってくるのでむしろタイミングを合わせるのが難しいんです。
しらこまん.jpg
本当は上に浮かぶ姿を写真に収めたいんですがうまく撮れません。

しらこまんをお迎えした当初は、一人暮らしだった2人が同居することになって事故が起きないか不安だったのですが、それぞれシェルターでつかず離れず暮らしています。

肺魚さんとは違って、水温を16℃に保つために水槽用クーラーを設置しています。
室温よりだいぶ低いので、よく水槽の外側に結露がついてしまいます。
普段のお世話は、エサを目の前で落とすことと糞を取るくらいなんですけれど、水替えは大変です。

アクアリウムを作りたいと思ったときもあったのですが、異物を食べるウーパールーパーさんも多いので、怖くて大きな石しか置けていません。




posted by 小泉ネスト動物病院 at 12:35| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする