2016年06月15日

肺魚の黒曜丸さん

こんにちは、副院長です。

もうだいぶ暑い日が続きますね。
人も動物も体調管理にお気を付けください。


今回は、魚類の黒曜丸ちゃんについてご紹介いたします。

黒曜丸ちゃんは去年の12月にお迎えいたしました。
プロトプテルス・ドロイです。
出会ったときはまだ小さく外鰓も目立っていて、ウーパールーパーに足がついているみたい!と思いました。

ショップには、プロトプテルス・エチオピクスもいました。
将来的には、エチオピクスは1.5m~2mほどまで大きくなり、ドロイは1m位ということでしたので、
既におうちには、ウーパールーパーの90cm水槽があるし、そんな巨大な水槽は用意できないなぁ、
ということで、ドロイの方をお迎えすることにいたしました。

水槽にいる生物は写真を撮るのが難しいですね、目では綺麗に泳ぐ姿が映るのに、
一般的なカメラで何の技術も無しに撮影すると、全く美しさを伝えられる画像が撮れません。
水槽内の写真を綺麗にとるってすごいですね。

話がそれましたが、小さくてかわいいウーパールーパーみたいな時期は結局、うまく写真に残すことはできませんでした。

おうちに来てからも、拒食をしたり元気をなくしたりすることなくすくすく成長し、
一度餌をあげている時にジャンプして水槽の外に出て、すごく焦ったのでこれはもう大きな水槽に移動しなきゃということになりました。
先日45㎝水槽から90cm水槽に移動し、色々と大きな石で隠れやすくして快適な生活環境になったのではないかな~と思います。

ウーパールーパーは小さいときは「泳いで」いたのですが、大きくなると地を這うことが多く、水槽の底にどん。といる感じなのに対し、
肺魚はさすが魚ですね、すごく泳いでいるので、遠くから水槽を見ていてもひらひら動いて見ているほうも和やかな気持ちになります。

水温は26度くらいに設定しているので、エアコンのきいた部屋ですと、水槽クーラーも設置しなくて良いので、ウーパールーパーより管理はしやすいかなと思います。
けれど、今後順調に大きくなるだろうと思われますので、大きくなってからの水替え時に事故が起きないように注意しなきゃなぁ、と思っています。

P6050620.JPG



posted by 小泉ネスト動物病院 at 17:30| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする