2016年04月28日

ハリネズミの足からの出血 (爪の損傷・伸びすぎ、パッドの損傷、絞扼事故)

ハリネズミさんが病院にいらっしゃる理由のうち多いものの一つに、どこかからの出血があります。
これは前にご紹介した子宮からの血尿のこともありますが、もちろん別のこともあります。
ハリネズミさんを飼育されたことのある方ならわかると思いますが、ハリネズミさんはよちよちと不器用ながら、意外と素早く歩きます。また、夜になるととても活発に動き回ります。
この歩き方のせいかはわかりませんが、足先のトラブルが多い動物です。あまりご自宅で足先をチェックする機会がないことと、ハリネズミさん自体があまりきれい好きではないため、足先がウンチなどで汚れてしまうことが多いことも関連していると思われます。

P3130104.JPG
爪の破折。回し車などに引っ掛けて出血してしまうこともあります。

P3130105.JPG
爪の伸びすぎ。定期的な爪切りが必要です。

P4210777.JPG
パッドのこすれすぎ。飼育施設と足先の衛生環境を見直す必要があります。

P4240810.JPG
足の絞扼事故。細い繊維などが絡んで血流がなくなり、足先が壊死してしまっています。

上にあげたもののうち、特に絞扼事故は治療に非常に時間がかかってしまいます。飼育環境やシェルターに入れる布材に注意を払い、日ごろから足先をチェックするようにすることで防げる事故ですので、十分に注意しましょう。また、もし繊維などが絞扼してしまった場合、いち早く病院で除去してもらい、適切な治療を受けましょう。
ラベル:ハリネズミ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| ハリネズミの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

ウサギの鼻水・目ヤニ (スナッフル、涙嚢炎、鼻涙管閉塞)

ウサギさんは目・鼻のトラブルが多い動物です。
特にホーランドロップやアメリカンファジーロップのような短頭種では、症状の程度の差はありますが非常によく目ヤニや鼻水が見られます。

P4210796.JPG
ウサギさんによくみられる白い目ヤニ

P4170662.JPG
鼻水症状をスナッフルと呼ぶこともあります。


これらは一般的に細菌の感染によって起こりますが、常在菌(自分の皮膚などにもともと居る菌)が繁殖してしまうことがほとんどです。目と鼻は鼻涙管という管でつながっていますので、相互に感染が広がることがよくあります。さらに、もともとこの鼻涙管が細い種では、ここが詰まる(鼻涙管閉塞)ことで涙が目立つようになります。また、ウサギさんは切歯(前歯)や臼歯(奥歯)が伸び続けますが、不適切な食事や遺伝的な要素によってかみ合わせが悪くなると(不正咬合)、歯根(歯の根元)が伸び、鼻涙管を圧迫したり、ばい菌の温床になることもあります。
つまり、目ヤニや鼻水、さらに歯の問題などが複合的に関連していることがあるため、総合的な治療が必要になります。

P4160641.JPG
奥歯の不正咬合による化膿が目に波及し、重度の炎症を起こすこともあります。
こういった状態にまで進行すると、治療は長期化することが多いので、早期に治療を受けましょう。
ラベル:ウサギ
posted by 小泉ネスト動物病院 at 03:20| ウサギの医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

ラブバードの翡翠と雫について

こんにちは、副院長です。

哺乳類、爬虫類と紹介したので、次は鳥類にいってみようと思います。

 翡翠(ヒスイ:コザクラインコ)と雫(シズク:ボタンインコ)は、ペットショップの時から二人同じケージで暮らしていました。
生まれは1か月ほど男の子の翡翠くんが年上ですが、女の子の雫ちゃんの方が気が強めです。
 ペットショップでは2人とも挿し餌で育てられたので手乗り可能ということでした。2人暮らしが進んで、特に翡翠くんが人に慣れなくなってきたところでお迎えしました。
 当初、2人は私たちの肩の上にも乗らなかったのですが、数日して環境に慣れ始めると、人の肩に乗るようになり、それはもう、うれしかったですね。

 小さな鳥が肩の上に止まって「チュンチュン」…って、なんというか、そこに「夢」みたいなものがありませんか?動物に愛されてる~的な…

 が、しかし。乗るだけではなく、耳をかんだり毛をむしったり服をつついて破いたり…遊びに来た友人をつついたり…やりたい放題です。このようになったのも、私たちがなかなか家におらず、2人だけの世界がどんどん確立していったからだと思います。
 2人にとって、人は飛び回る際のきっかけ・エサをくれる程度でしょうか?
まぁそれでもいいんです。今でも放鳥して、2人して背中にしがみつかれるとうれしいし、頭の上で2人がさえずり合っていると、場所(背中、肩、頭)を提供する身としてはまんざらでもありません。ただ、同じ場所に長時間いるとかじりだしますので、ある程度で体をふるわせて2人を飛ばせます。人とはそういう付かず離れずの関係です。

左の水色のボタンインコが雫ちゃん、右の緑色のコザクラインコが翡翠くんです。
雫と翡翠.jpg


とりぃずj.jpg
posted by 小泉ネスト動物病院 at 17:39| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする