2016年03月28日

トゲオアガマのジルくんとの生活

 こんにちは、副院長です。
ご無沙汰しております。開院して4週間ほど経ちまして、色々と落ち着いてきました。
仕事から帰ってきますと諭吉くんとこぷりちゃんは、このようにゆっくりとくつろいでいます。
ゆきこぷお迎え小.jpg
二人は私たちが帰ってきても「わーい!やったー!!!」みたいな感動を最近表してくれませんね。
以前まで、家を空ける時間が長かったときは帰宅すると「やったー!やったー!」という感じだったんですが…

人と離れて生活する時間が減って、特に諭吉くんは大変心穏やかになって、いたずらもしなくなりました。
嬉しい限りです。

 というわけで、私が初めてお迎えした、爬虫類、トゲオアガマのジルくんをご紹介いたします!

ジルくんは共にすごして4年経つところですね。
種類は特に明言されていなかったのですが、おそらくエジプトトゲオアガマ…だと思うのですが、
どうでしょうか?
ジル真正面.jpg
エジプトトゲオアガマは最大全長75cmらしいのですが、ジルくんはお迎えした時から体の大きさに変化はなく全長25cm位ですので、違うかな~と思っていたのですが、顔つきが「エジプトトゲオアガマ」っぽいのです。
本当のところは分かりませんが…

 私にとって初めての爬虫類ということで、ホットスポットや紫外線ランプ、サーモスタットの使い方など、色々と勉強させていただきました。爬虫類はハンドリングもできる場合、種もありますが、ジルくんはそういうタイプでは無く、見ているだけで触れあえない孤高の存在でした。初めのうちは。

 トゲオアガマは草食性です。ジルくんは、ミックスベジタブルや小松菜、青梗菜、豆苗などを食べています。あと、タンポポや食用菊が大好きです。
 食用菊はジルくんを飼いだして初めてスーパーで売っていることに気づきました。結構高いんですよね。でも、すごくおいしそうに食べるんですよ!私も、お刺身についている飾り?の菊を食べてみたことがあるのですが、苦くて、「ジルと私、味覚全然合わないな~」と思いました。
 お迎えして1か月程はエサを自分で食べてくれず…手で口元に持っていくと食べるんです。
ですので、小松菜を千切ったものを口元に持っていったり、グリーンピース(←これも大好き)を持っていったりしていたんです。慣れてくると、なぜか段々明らかに私の手を狙ってぱくついてくるんです。
「いや、エサそこじゃないって」と避けているうちに、ついに人差し指をぱくつかれました。
痛いんですよね、結構。そしてなかなか離してくれない…草食動物のくせに!!結局肉を持っていかれました。
そしてつい先日、脱走して冷蔵庫の裏に隠れていたジルを連れ出す際、不用意に顔元に指を出してしまいましたので、今回は範囲広めに肉をえぐられました。私の不注意ですが痛いです。たいへん痛いです。草食なのに…!みなさんもご注意ください。
もちろん、時間が経つと自ら食べるようになりましたので、口元に出されたものを食べるVIP生活も終了できました。
 あと餌といえば、トゲオアガマのジルくんも、リクガメの二人も、食べ方が下手だな~と思うのですが、爬虫類飼いの皆さまどうでしょうか?

ジルエサ.jpg

ゆっくり狙えばいいのに、勢いでエサに顔をつっこみ、うまく開いた口にエサが入らないとあきらめる…
ですので、昔は葉物野菜は細かく千切っていたのですが今は大きいまま与えています。そちらのほうが私たちの子はうまく口にヒットするようです。
posted by 小泉ネスト動物病院 at 02:00| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする