2015年12月27日

モルモットとの生活

こんにちは、副院長です。

みなさん、モルモットはどんな風に鳴くか知っていますか?

私がモルモットに惹かれたのはその「声」でした。
「ぷいぷいぷい…ぷいぃ!ぷいぃ!」
ペットショップでちょうど餌をもらう直前だったらしく、後ろ足で飛び跳ねて喜んでいました。
「何、このかわいい声!なにその踊り!かわいすぎる!」

そうして、悩むこと半年、就職する時にお迎えしました。
この初代モルモットの「もす男・ごんざぶろう」は毛のないモルモット、スキニーギニアピッグでした。
今はもうお亡くなりになっています。
 ちなみに、1匹の名前です。
 飼う前は「ごんざぶろう」にしようと思っていたのですが、
 飼い始めると、すごく行動が もすもす していたので、「もす男」もつけたくなり…
 結局、「もす」と呼ぶことが多かったですね。

スキニ―ギニアピッグは毛が無いとはいえ、日本で流通しているのは鼻や頭に毛が生えている子が多く、
もす男は茶色の体に黄色っぽい毛が生えていて、顔だけ見ると、テティベアのようにかわいい子でした。

1334587657830.jpg

体はべとっとした感じです。
もすの尻.jpg

就職して、一人暮らしを始め、誰もいない部屋に戻ると、私の帰宅に気づいてぷいぷい鳴くもす男。
別に、もす男は私をねぎらって鳴いているわけではなく、餌の催促で鳴いているだけなのですが、
私にとってはねぎらいだとか、「一人じゃないんだな」とかいう充足感をもらえていました。

ホラー映画や小説、夢などを見たあとでも、もす男ののんきな生活を見ていると、「大丈夫か」という気分になれました。


その後、モルモットを他にもお迎えします。
その中でも、もす男・ごんざぶろうは気のいい男の子で、先住者としてみんなとケンカするでもなく、
受け入れてくれる優しい子でした。

もすむね水.jpg
posted by 小泉ネスト動物病院 at 22:24| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

室内犬を飼って知ったこと、慣れたこと。

こんにちは、副院長です。

みなさんは、おうちの中でわんちゃんを飼っていますか?
外で飼っていますか?

私は小さい頃、家の外で番犬として飼っていました。
白黒の男の子で、それはもう、しっかりと、しっかり過ぎるくらい番犬をしてくれました。
来客があったときには、声がかれるんじゃないか、と心配になる位でしたし、
ご近所迷惑でもあったと思われます。
抱き癖をつけていなかったので、7~8kgのMixの中型犬でしたが、なかなか抱っこしても落ち着いてくれませんでした。
体を洗って、タオルで乾かした後、庭に離すのですが、
すぐに地面に体をこすりつけるわんちゃんでした。
ですから、犬を触ったら、絶対手を洗う!というのが前提にありました。
学校に行く前になでると手を洗わなければならなくなるので(自分の中のルールとして)、
指先でなでて、服で拭いていた気がします。

院長は、実家で室内犬を飼っていましたので、何の抵抗もなかったようですが、
私は室内犬と暮らしたことが無かったので、諭吉くんとこぷりちゃんを迎えたときは、色々と知らないことばかりでした。

まずは抜け毛です!
カーペットやフローリングの上に落ちている毛が気になる気になる…しょっちゅうコロコロをかけていましたし、掃除機を頻繁にかけていました。
そしてトイレを覚えてもらうこと!
二人とも大人になって初めて室内犬になりましたので、ほんとうに、なかなか覚えてくれない…
カーペットがおしっこでぬれてしまい、どうしようもないので外すことにしました。
次に、異物食いです。
これは諭吉くんだけなのですが、もう、とにかくタオルからティッシュからペットシーツやら紙・本…きりがありません。
彼の届かない場所に置くこと、
もしくはバリケードを設置すること、
外出時は諭吉くんが悪さをするようなものは出ていないか確認すること。

と、いう感じで室内で犬を飼うっていうのは、本当に生活の一部になるんだなぁと思ったものです。

室内で犬と暮らすようになって、幸せなことは、わんちゃんの色んな仕草・表情・行動を見られることです。
スキンシップの時間も増えますからわんちゃんの温かさにしみじみと幸せを実感します。
こぷりちゃんが私の腕の中ですやすやと眠る顔をみるのは、至高です!

次第に、抜け毛と尿、時には糞や吐しゃ物に慣れてしまった今は、
以前の私であれば許せなかった抜け毛とにおいに妥協していると思います…

もちろん、室内が綺麗なまま、わんちゃんと生活しているご家族はたくさんいらっしゃると思います。

室内犬と暮らしたことが無かったときは、不安もありましたが、暮らしてみると、本当に幸せをいっぱいもらえていると思います。

こたつ1.jpg

ラベル:
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:00| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

小泉ネスト動物病院の家族紹介

 こんにちは、副院長です。
 現在、小泉ネスト動物病院で飼っているペットたちのご紹介をしたいと思います。

 まずは一番手間がかかるワンちゃん!
ビーグルの諭吉くんです。

諭吉小mini.jpg

ゆきちくんはもうご高齢で、すっかり白くなったビーグルくんです。
人間が大好きで、人が一緒にいないと、ストレスでいたずらをしてしまいます。
異物食いが得意で、ティッシュやコットン、ペットシーツ、ペット用ホットカーペットからタオルまで。
タオルを飲んでしまった時には、開腹して腸を何カ所も切って取りだす手術までしました。
手先が器用で、頭がいいので、「いたずら」と「いたずら阻止対策」のいたちごっこをず~っと続けています。
一緒にいる時間が短くて、寂しい思いをさせてしまっているので、申し訳ないですね。
院長の一番大好きな家族です。

ビーグルのこぷりちゃん

こぷり小mini.jpg

こぷりちゃんは、ゆきちくんと違って無表情なことが多く、人前でなくことは、めったにありません。
帰宅して玄関の扉をあける前しか、こぷりちゃんの鳴き声を聞くことはできません。
ゆきちくんが13kgなのに対し、こぷりちゃんは8kgと、同じビーグルですが、こぷりちゃんの方がだいぶ小さいです。
こぷりちゃんは手先も口も不器用で、お食事にも時間がかかります。
ごはんに飽きてしまったときには、不食運動をする頑固な一面もある女の子です。
副院長の幸せの源のワンちゃんです。

 小泉ネスト動物病院には、たくさんの家族がいますので、少しずつご紹介していきたいと思います。
まずは、ワンちゃんのふたりからでした!
ラベル:
posted by 小泉ネスト動物病院 at 00:59| 副院長の飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする